Entries

我想到兩件事



  “一到了喜歡的人面前,瞬間就變得笨嘴拙舌了,原本有一肚子的想法,此刻相對,卻不知道說什么才好。很尷尬很尷尬。”

  每當聽到那些人這樣傾訴,總能讓我想到兩件事。

  第一,他是真的喜歡對方。愛的魔力是多面的,有時會讓人爆發,有時會令人縮斂。通常情況下,喜歡上一個人的重要表現,恰恰是口舌不聽使喚。

  第二,讓我想起了《紅樓夢》后半程中的寶黛。

  寶玉和黛玉,初時時聊不完的話題。吵鬧,爭論,嬉笑,好熱鬧的歡喜冤家一對。

  同是此二人,越到后文中,越少對話。聽琴,讀詩,靜坐,那時那地,之間的相處,全是靜態狀。

  很多人越讀到后來便不愛讀寶黛,滋味淡了,彼此心生隔閡了,兩個人之間,似乎各自揣了些東西,說不清道不明,悶悶沉沉。世人眼里,這樣的愛情,總有些不爽快。

  殊不知愛有幾重深淺。

  第一重時,愛會讓口舌變得笨拙。太過歡喜,也就太過緊張。愛戀乍滿的人,身上其他器官的機能也會隨之降低。

  再深一重時,愛會激發傾訴欲。愛情的另一種呈現,是渴望了解和被了解,那些熱戀中的男女,嘴巴時刻是停不下來的,要么親吻,要么傾訴。吻,也是一種深切的訴說。彼此真情,不吐不快。

  更深一重時,愛則會令人變得沉默。即便相對,亦是默然。即便凝視,也可無言。彼此真心,不言已明。那之間的愛早已直透魂靈,話語多一句,便是負擔了。

  。……

  我們周圍,越是感情不深的人見面,越要聊得熱火朝天,非此不能證明熱情和誠意。稍有冷場,雙方皆是一陣寒栗,搜腸刮肚也要尋出些話題。情越淺,越懼怕寂寞。

  寶黛不同,他們的情,已不懼寂寞。

  哪怕相顧無言,一雙眼,已讀懂了彼此心底一切聲音。

  有一些情,于熱鬧處酣暢。亦有些愛,于無聲處情重,對望間,已是最好的訴說---真正直達心底的愛,無須句句言明。

可以一輩子的

  他叫浩,7月28日,他找到我,要我做他女朋友,我直接答應了,原先只是玩玩的。可是他對我真的太好,讓我不禁愛上了外國升學

   情人節的時候他寫歌作曲送我。我以為我們可以一輩子的,可是有天,他跟我說,他爸爸去世了,然后整整五天沒理我,第六天,他跟我說,我們分手吧留學英國

   我哭了,撕心裂肺的痛,我在yy我的頻道里唱歌,一直唱一直唱,唱的喉嚨都快發不出聲音了。我小姐妹真的看不下去了,給浩打電話,然后浩找到我,說和好吧,他錯了,不該這么對我。之后他變了,變的不愛同我說話,開始疏遠我,一個月過去了,他又跟我說分手香港僱傭公司介紹

   我依舊跑去yy唱歌發泄,他進來,跟我說,他唱歌給我聽。我問他,你愛我嗎,他說愛。然后我問他,那憑什么我愛你,你也愛我,卻要分手。他就只說對不起,我一直一直問他,憑什么啊香港女傭中心

   他唱了好多歌,最后他安靜了,我聽到了抽噎聲,我不知道他是不是哭了,我就問他,給我個合理的理由,憑什么要分手。他說,你真的想聽嗎。我說是。他說,那好,我告訴你,我要結婚了。

   我震驚了,當時我腦袋就像炸了一樣,然后心痛,真的特別特別痛,就好像心里缺了什么一樣。他走了,之后再也沒找過我。

   1月23日,他突然加我,他講,他真的受不了沒有我的日子,他不能沒有我,他愛我。然后還說,他爸爸沒有去世,他也沒有結婚,他要我幸福,他不想拖累我。

   我問他,到底怎么了。他說,他的腿不好,他不能拖累我一輩子,真的不能。我跟他說我不介意的。

   1月29日,他跟我講,他說他這幾天一直在想,覺得我們不合適,不要堅持了,都放手吧。我一直講,講了近一個小時,我試圖去挽回他。他只是說著對不起,我真的不想聽對不起,真的,我盡力了。最后我問他,你確定了嗎。他說是。然后我說好,那就散了吧。

   他跟我講,叫我找個好男人,讓他好好照顧我,要我幸福。我說好的,我會的,只是誰都不知道,我得心在滴血,很痛,很痛。

2曲は

歩いた……そして笑って
最近ずっと循悪い放送の2曲は、「匿名の慰め」と「過去」、自分の心境が悲しいのにどうして自分を慰めて、しか使ってこんな曲を探していくつかを慰めるためではなく、淡々と日々の平板で、この言葉は他人に対してと、自分に対して、日はない平板で、悲しくても、楽しくても、自分にとってのため、1分1秒の体得することから、現在の苦しみを、私はよく体得hk-overseas study
他人に暴露したくない自分の考え事ので、文章も感情より叙事を探したくて、私はただひとつ情感訴えの場所に邪魔されず、文字では心のあの痛みや孤独排水してくる、それからまた馬鹿な生活も、生活はどう笑って歩いていく學士學位課程
今ついに分かったあれらの偉大な詩人、その気持ちが悲しくて書いた文章はなぜ場合に伝わる百年かもしれないが、それらの文章は诗人の涙で書き、名利のためだけには、感情の表現、それらの詩というのは自分に聞く。人はいないから我慢してあなたを聞いて言って自分の物語は、すべての人はすべて自分の話を聞くことが好きでない人があなたの生活に不平をこぼして、すべての人はすべて自分の苦痛。世間の人は寂しくて、この世界に耳を傾けたくて、習慣瀋黙の人せっかく数、私はたくもない人と自身の事、あれらのでもがく悪夢の寂しさ、荒れとも呼ばれてゆっくり時間を冷淡に
なんだか生活しようがないが、もっとないのは人生の選択、一部の話しかない、自分一人で黙々として引き受けるから感心して、自分の強さが、心は少し寂しいので、時の孤独な道を探したい人に付き添う人に理解してないけど、すべて、自分だけは付き添っている自分、そしてこの道はただと自分の影に付き合って、あれらのに与えた温かい人や事しかない心に隠れて、かつて持ったことがあるのは再び渇望して、しかしは過分の望みになった介紹外籍傭工
唯一できることはそれらの苦いと疲れ咽頭回心、涙で浸潤、そして忘れて、再び始まって、依然としてこの平凡な日々の中で、自分の人生は平凡を体得して、すべての痛みを感じた時、そして歩いた家務清潔

に寂

時には、私は本当に1回酔って、多すぎるので仕方ない。
時には、わんわん泣きたい、心からやり切れない。
時には、1回瘋癲たいので、落ち込んだ割雙眼皮

時には、排水したいので、気持ち悪い。
時には、静かにして、これは本当に疲れて。
時には……時には……ある時にはいない……私はとても疲れて。
時には、不可解な気持ちはよくなくて、誰とも話したくない、ただ一人で静かにぼんやりしたい。
時々、急に気がいらいらして、何を見ても気分が悪い、くさくさして、一生懸命出口を探したい。
時には、突然とても現実から逃げ出したいと思って、がむしゃらに自分の荷物を収拾の旅行に行く。
時々、自分のもろくて弱い時、一人で隠れて、自分の傷口を人に見られたくない。
時々、急にとても泣きたいのに、悲しくても涙が出ない中醫濕疹治療

時には、夜空の時に、急に寂しくて寂しくてたまらない。
時には、自分の心の中なのにたくさんお話して、知らないでどのように表現して。
時々、自分の気ままにしたい、自分は徹底的に1回酔う香港家政中心

時々、自分の夢がいっぱいで、自分で自分を落としたがたい。
時々、心は突然1種噴き出して疲れ果てた感情、自分がとても疲れる。己の未来の姿、迷った戸惑う。
時には、1首の歌を聞いて、突然思い出して渇望他人の配慮、渇望1部の簡単な楽しみ。
時には、明らかにとても疲れて、しかし仕方がなくて足を止め英國留學